故郷・地方で働く
(UJIターン情報入手について)

求人情報の入手

UJIターンによる就職は、新卒、転職に関わらず、現在居住している場所から離れた地域の採用情報を入手しなければなりません。Uターンであれば、地元の状況は家族、知人からも入手することができますが、Jターン、Iターンとなると情報の入手も難しくなります。
都市部に限らず、どこで就職するにしても、基本的な求人ツールとして就職活動に使うのは、

  • ハローワーク
  • 人材派遣
  • 人材紹介
  • 求人情報誌(紙)
  • インターネット
ですが、都市部を離れるに従い大手メディアで扱う採用情報は少なくなり、ハローワーク、または市町村など自治体に寄せられている採用情報が逆に増えていきます。
PageTop

地方でも変わらず強い公的機関の情報力

都市部を除いた地域で採用情報を得るなら、公的機関のハローワーク(公共職業安定所)は、強い味方です。求職者に対する採用情報の公開、求人企業の紹介などさまざまな就職支援を無料で行っており、ハローワークインターネットサービスを利用すれば、UJIターン希望先の採用情報も簡単に入手できます。
また、他の公的機関としては市町村など地方自治体の採用情報も意外なほど豊富で、役場のホームページなども、こまめにチェックしていると地元特有の求人があったりします。地元に根ざした農林漁業などの就職や求人も少なくありません。
さらに、UJIターンの促進を目的に地方自治体、経済団体、ハローワークが連携して運営する組織・団体もあります。この組織・団体のインターネットサイトでは、採用情報・企業情報を紹介、お盆などの帰省シーズンには、地元での就職・転職相談会、東京・大阪など大都市での就職・転職相談会も開催しています。東京、大阪の道県事務所にもUJIターンの相談窓口が設置されているので、足を運ばれてはいかがでしょう。

PageTop

関連外部サイト

PageTop