正社員未経験・経験が浅い場合
ジョブ・カードを利用しよう

ジョブ・カードとは

ジョブ・カードとは、正社員の経験がない、もしくは少ない求職者がアルバイトやボランティア等の経験や学習歴、職業訓練経験、免許・資格等、自分の能力や職業意識を整理できるツールで、厚生労働省が発行するものです。
今後の目標を明確にすることや、応募書類作成の前準備など、幅広い就職活動などに活用できます。
またジョブ・カードは、就職活動での利用だけが目的ではなく、その作成過程で自らの職業意識やキャリア形成上の問題点を明確にし、職業選択やキャリア形成の方向づけを可能とするものです。

PageTop

ジョブ・カードの内容

ジョブ・カードは、以下の6つの書類によって構成されています。

  • 総括表
  • 職務経歴
  • 学習暦・訓練暦
  • 免許・取得資格
  • キャリアシート
  • 評価シート
PageTop

ジョブ・カード交付方法

厚生労働省のホームページから上記の書類(ジョブ・カード様式)をダウンロードして入手できます。
ジョブ・カード制度のご案内/厚生労働省

PageTop

ジョブ・カードのメリット

・現在の自分の適性や能力・スキルに関して、強みや課題点を発見でき、自分の能力向上に役立てることができます。
・職務経歴や能力がわかりやすくまとめられているので、志望企業へのアピールに活用できます。
・学校在学中に行ったアルバイトやボランティアなども、ジョブ・カードに記載することでアピールできます。

PageTop

ジョブ・カード活用の手順

① 入手したジョブ・カードに必要事項を記入します。

② ハローワークやジョブカフェ、民間職業紹介機関などにおいて、登録されたキャリア・コンサルタントによるキャリア・コンサルティング(ご本人の適性等に応じた職業能力開発、職業選択についての相談サービス)を受けることで、ジョブ・カードが交付されます。

※ キャリア・コンサルティングを受講するには
最寄りのハローワークや独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(職業訓練支援センター/職業能力開発促進センター)にお問い合わせください。(予約が必要な場合があるのでご注意ください。)

③ キャリア・コンサルティングの結果、「職業訓練形成プログラム」の受講を勧められる場合があります。
「職業能力形成プログラム」参加者に対しては、プログラム修了時(企業実習先行型訓練システムは、実習実施企業に採用されてから1ヵ月後)に、評価シートがその実施企業から交付されます。

●職業能力形成プログラムとは

企業が受講生を雇用して訓練を実施する有期実習型訓練、実践型人材養成システム、国の委託を受けて公共職業訓練として実施する日本版デュアルシステムがあります。
◎訓練受講者は企業の現場で生きた技能・技術を学べます
これらの訓練は、いずれも
  • 企業現場で実際に仕事に従事しつつ生きた技能・技術を習得し、
  • 教育訓練機関等における学科と実技で構成された理論面での学習を通じ、
  • 実践的な職業能力の習得が可能となることから、訓練の内容に応じ訓練生には、
  • 訓練受講修了後の就職が容易になることや、
  • 実践的かつ体系的な能力を備えた人材としての活躍等
が期待されます。

ジョブ・カード制度の基本的な流れ

ジョブ・カード制度の基本的な流れ
PageTop
PageTop